先物取引は限月制相場。限月とは決済期限のこと。株でいう信用取引の期限のようなもの。この期限(納会日)がくるまでに売買を行う。
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

限月制相場 先物取引の仕組みについて解説します

商品先物は限月制相場です。
金でいうなら2ヶ月ごとに新しい限月が発会します。
決済までの期間のもっとも短い限月を期近(きじか)、もっとも長い限月を期先(きさき)、ある
いは先物と呼びます。
金先物は6限月制を採っているので、6つの限月を売買できることになります。
 
期近から、1限月(いちげんげつ)、2限月……6限月までが並び、今日が10月ならば、1限月は
10月限(じゅうがつぎり)となります。
  
 
この「限月(げんげつ)」については、穀物を事例にあげたほうが分かりやすいので、穀物で説明
します(先物相場理解の要ですので覚えてください)。
 
限月とは先物取引の期限のことです。
穀物の先物市場を考えれば分かるように、限月がない、限月が無期限なのは都合が悪いわけ
です。穀物は時間がたつと痛んできますから。種を蒔いて実って収穫。そしてまた種を蒔く。
 
限月の納会と発会
 
新穀が収穫されると、旧穀とのあいだに価格差が生じるものです。
1年前に穫れたものが新穀と同じ値段というのは、おかしいですから。人気によっても変動しますが
旧穀 < 新穀 という価格になるのが一般的です。
 
1月限とは、1月に納会日を迎える限月のことです。2月限とは、2月中に納会日を迎える限月の
こと。各限月ごとに納会日が決まっているのが先物市場です。
株式なら年末に納会日を迎えますが、先物取引の場合は限月ごとに納会日を迎えます。
納会日には現物の受渡しが行われます。金相場だと、限月が2ヶ月ごとに存在するので、納会日
が2ヶ月ごとにやってくることになります。
  
次のふたつの図を見てください。
 
金先物10月23日限月一覧
 
金先物10月27日限月一覧
 
10月23日には、10月限があったのに、27日にはなくなっています。かわりに2007年10月限
が立っていますね。なぜかというと、10月限が納会日を迎えたからです。
27日には、2007年10月限の前日の引値がありません。ということは、前日が納会日であり、
27日が新甫発会(新しい限月が立つ)の日だったということです。
 
貴金属・オイル・ゴムは東京工業取引所で取引されています。
納会日一覧が掲載されているので覗いてみましょう。
 
東京工業取引所カレンダー
 
納会日を迎えた限月はなくなり、新しく次の限月が立つことになります。
もし売るなり買うなりしてポジションを持っていた場合、納会日まで決済するのを忘れていたら
強制的に決済されます。
 
Google
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.