銀相場の特徴を掲載。銀の需給状態はどうなっているのか? 価格変動要因は何なのか? 価格比較のための参考サイトも掲載中
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

銀の特徴(需要・供給・価格変動要因)  

宝飾品や通貨としても使われてきた過去をもつものの、硫化しやすく変色しやすいことから、
金や白金に比べて価格が安くなっています。
 
 
【銀の需給関係】
 
供給
鉱山生産・回収(リサイクル)・中央銀行等による公的売却
純粋な銀鉱山からの産出は2割。金・銅・亜鉛などの生産過程で副産物として産出されるものが
8割を占める。
メキシコ、ペルー、アメリカ等の北南米地域で鉱山生産の約6割を占めるが、採掘量は年々増加
傾向にある。
(主な算出国は、メキシコ、アメリカ、カナダ、ペルー、オーストラリア、チリ、ポーランド)
 
 
需要
代表的な用途に写真フィルムの感光材料があげられる(2割を占める)。
赤外線反射率が高いこと、多くの金属と溶融して優秀な合金を作り出せる性質をもつことから、
接点、メッキ、電池、化学触媒、はんだ展伸材などの電子工業が需要の4割を占めている。
主な消費国は日本とアメリカ。今後は中国の動向に注目される。
宝飾品・通貨としても扱われているが、需要に占める割合は小さい。。
 
 
【価格変動要因】
需要のほとんどは工業製品で占められるため、景気動向に左右されやすい銘柄。
値動きが激しい銘柄であるため、投機用商品と解釈されている。
景気改善は銀価格の上昇へつながり、景気悪化は下落要因となる。
 
 
【金銀レシオについて】
金と銀との価格費を示す指標。金に対して割り高なら売られ、割安なら買われるという考えに
基づく。ただし、通用しないと言われることもある。
 
 
【理論価格の計算式】
NY銀価格÷100(ドル換算)÷3.11035(10グラム換算)×為替レート(ドル円)
 
NY銀価格が1セント動くと東京銀は0.3円動く
為替レート(ドル/円)が1円動くと、1.8円の変動が生じる
 
 
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.