白金(プラチナ)の近年の価格変動を現物・先物の両面から追ってみました。先物は現物より安く動いています。プラチナを買うなら……
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

白金相場の変遷 白金相場は過去にどのような動きをしてきたのか?

下図は2005年1月4日〜2006年10月27日にかけての白金相場の推移を表わしています。
 
−近年の白金現物・白金先物相場の動き(プラチナ・チャート)−
現物プラチナ・先物プラチナ 価格変遷(2005年1月4日から2006年10月27日)
 
先物市場のほうが安い価格で推移しているのが分かります。
(先物は当限のつなぎ足です)
ところどころピックアップして、価格を比較してみましょう。
 
             現物   先物
2005年1月11日 2899円 2863円 価格差36円
2005年2月18日 2978円 2901円 価格差77円
2006年7月10日 4586円 4455円 価格差131円
 
2005年から2006年にかけて価格水準が相当上昇していると分かります。
価格水準が高くなってくると、値動きも大きくなってきます。これは金相場の未来の姿かもしれ
ません。地金を買うなら、先物市場を利用したほうがよさそうです(後述)。
 
 
プラチナは現在、金価格の約2倍の値段となっていますが、希少性の割に金価格よりも安い持期
が続いていました。
 
 
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.