「現受け」は原則、納会日。これでは取引があまりにも制限されている。できるなら、早受渡しを利用し、納会日前に現物を手に入れよう
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

早受渡し(はやうけわたし)制度の利用 納会日を待たずに地金を手に入れます

金地金を購入する場合、先物取引を通じて買うと安くなることは、お話しました。
ところが、先物取引の納会日は当限(とうぎり)が、当月に回ってこないとやってきません。
納会日の後で受渡しを行うため、地金を手に入れられる時期が、おそろしく限られてしまうことに
なります。
金先物市場は2ヶ月ごとに限月が立つので、納会日も2ヶ月ごとにしかこないわけです。
もっと自由に取引できないものでしょうか?
 
金先物は2ヶ月ごとにしか納会日を迎えない。現物を受取りに時間がかかる。なんとかならないものか……。
 
日々の金価格が変動しているのに、いざ地金を受け取ろうとなると日が決まっている。2ヶ月に1度
しか受け取れないというのでは話になりません。もっと自由に取引をしたいものです。
そこで是非、利用してもらいたいのが早受渡し制度です。
 
早受渡し制度とは、読んで字のごとく納会日到来前に、現物を受渡しする制度のことです。
受渡しが成立するには、現物を欲しがっているものと、現物を渡したがっているものの2者がいない
といけません。
 
  「早受渡し」を利用して、納会日前に地金を手に入れることができる。
 
一般投資家は、地金を受け取りたい側になるわけですが、売り手がいないことには売買が成立
しません。そこで、相手方がいないときは、名乗り出ることになります(名前を出すという意味では
なく、現受けしたい者がいるという意味です)。すると、受ける側の存在に気付いた渡し手が名乗
りを上げて取引成立ということになるかもしれません。
 
相手方がいなかったときは、値下がりリスクを避けるために同限月を1枚売って、損益を固定して
しまいます。これで少なくとも利益が減るようなことはありません。現受けしたなら、同時に売り玉
を手仕舞ってしまいます。売買の手数料が1枚余分に掛かりますが、300円程度です。保険料の
代わりと考えれば安いものでしょう。
このようなかたちで、納会日前に現物を手に入れます。。
 
※ただし、「早受渡し」の可能な取引先は、限られています。
  
早受渡しを希望する場合は、先物会社にその旨を伝えておかねばなりません。
これにより、機動的な取引ができるようになります(やっていることは、株式でいう現引きです)。
「早受渡し」は通常の「現受け」とは異なるため、特別手数料を必要とします。
 
もっとも、先物で買った後に値上がりすれば、現物で受け取らずに、そのまま決済してしまう方法
もあります。本来の先物取引をしていることになりますが、利益は上昇幅×1000倍で、手数料は
往復300〜400円です。買っていたものを決済すれば、口座に利益が反映されるので、手続きの
必要もありません。先物として決済するか、現物を受け取るか選択権を得られるのもメリットといえ
るでしょう。
 
 
Google
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.