先行きの分からない価格変動に、保険を掛けるのが商品先物の本来の意義。大損だけは回避したいもの。そこで先物市場を利用する
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

商品先物取引の基本的な考え方 穀物を事例にして先物取引を説明します

貴金属はしばらく置いておいて、穀物を事例に先物取引を説明します。
(先物取引を説明するには、穀物を例にあげたほうが初心者でも分かりやすいと思いますので)
 
あなたは農場主だとします。
秋になると農産物が豊かな実りをもたらしてくれますが、実際のところ気候がどう変化するか分かり
ません。ひょっとしたら、長雨が続いて凶作になるかもしれませんし、日照に恵まれて豊作になる
かもしれません。凶作だったら価格は高騰しますが、豊作だったら暴落です。気の休まる暇もあり
ません。
 
現物市場だけでは、下落の損失に直撃される
 
これほどまでに気を使うのは、先物市場が存在しないからです。
穀物の現物を所有している場合、値上がりすれば問題ないのですが、下落したときに手の打ちよう
がありません。下落分の損失をそのまま被ってしまいます。
 
ところがここに、先物市場があったらどうでしょうか?
下落に備えて先物市場で売っておくことができます。つまり値下がりに対して、保険を掛ける
ことができるのです。
 
現物価格の値下がりに備えて先物市場で売っておく
 
市場価格が高騰すれば問題はありませんが、豊作貧乏になってしまうと困ります。
そこで先物市場で売っておくわけです。
豊作になれば、現物価格は下落しますが、先物価格も下落するので、先物で売ったものを買い
戻せば、差額が利益となります。現物価格の値下がりを相殺できて、保険の役割を果たしてくれた
ことになります(1000円で売ったものを800円で買い戻せば、差額の200円が利益になる)。
 
一方、現物価格による順調な利益が見込めれた場合は、先物市場で売ったものをさっさと買い戻し
てしまえばよいわけです。これが商品先物の基本的な考え方になります。
  
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.