ウィーン・ハーモニー金貨、メイプルリーフ金貨は投資用金貨、パンダ金貨は記念金貨に該当。キズがあると地金再生買取価格で買取
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

現物取引(地金金貨) 広く流通している地金型の金貨について解説します

金貨には大きくふたつの種類があります。
ウィーン・ハーモニー金貨やメイプルリーフ金貨などの投資用に鋳造された金貨と、万博や皇室
関係の催事を記念して発行される記念金貨です。
 
国内では記念金貨の市場は小さく、価格変動が誰でも分かる、というわけにはいきません。
そこで当ページでは、地金金貨について解説します。
 
地金金貨は金相場の変動に応じて毎日価格が変わります。
金相場が高騰すれば金貨の価格も高くなり、下落すれば安くなります。
金貨の鋳造には地金バー(延べ棒・延べ板)に比べて費用がかかっているため、同一
金額で購入できる金の重量は、地金バーに比べると少なくなります。
 
つまり、100万円で購入できる金の重量は、金貨よりも地金バーのほうが、よく多く買えるという
わけです。また、金貨には大きさが異なるにも関わらず、鋳造コストはほぼ変わりません。
どういうことかというと、1オンスの金貨を購入したほうが、1/2オンスの金貨を2枚購入するよりも
安上がりだ、というわけです。このあたりをうまく考えて、売買しないといけません。
 
 
日本では次の6種類の金貨が発行されていますが、よく見かける金貨はおそらく4種類では
ないでしょうか?
 
ウィーン・ハーモニー金貨
メイプルリーフ金貨
イーグル金貨
ブリタニア金貨
ナゲット金貨(買取のみが多い)
パンダ金貨(買取のみ多い)
   
さて、金貨を購入した場合、保管に気をつけなければなりません。
キズがついていたり、破損していると、価値が安くなってしまうのです。売買時には、量りで重さを
量るため(金貨は密閉されたビニールかケースに入って手渡されたはずです)、損傷があると価格
に跳ね返ってきます。
  
もし限度をこえた損傷があれば、「地金再生買取価格」というプレミアを失った価格での取引と
なります。イーグル金貨は22金ですので、比較的キズがつきにくいのですが、他のブリタニア
金貨やメイプルリーフ金貨、ウィーン・ハーモニー金貨は24金です。
純度99.99パーセントのやわらかい金貨なので、取扱いには十分、気をつけてください。
 
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.