地金は持っているだけでは価格の値上がりを待つしかない。が、預ければ利息に相当する寄託料を受取れる。それが消費寄託契約商品
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

消費寄託契約商品 預けておくと「利子」のつく貴金属関連商品

地金は、預金や社債と異なり、持っていても「利息」がつかない。これは金投資の基本です。
ところが、「利息」はつかないものの「利息」のようなものがつく商品があります。
それが消費寄託契約商品と呼ばれるものです。
(商品名は取引先によって異なります)
 
  地金は持っていても利息がつかない。だが、利息のようなものが得られる商品がある……
 
現物金、あるいは倉荷証券を一定期間、取引先に預けることで、寄託料を受け取れます。
「利息」がつくという言い方はしていません。「寄託料」という表現をしています。
(が、要するに利息みたいなものです)
 
年間あたりの寄託料が何パーセントになるかは、金や白金(プラチナ)といった銘柄、取引先に
よって異なっています(寄託料には消費税を掛け合わせた金額を受け取れます)。
 
募集期間が存在し、利回り(という表現をあえてします)は固定されます。契約期間満了後に、
預けた貴金属地金と寄託料を受け取ることになります。もちろん、地金は売却して現金化する
ことができます。
 
消費寄託契約商品 貴金属を預けることで寄託料を得る。期間満了時には、預けた地金と寄託料が受け取れる。
 
長期で地金を保有しようとする方なら、自分で持っておくよりも預けたほうが利益を見込めます。
(銀行の貸し金庫へ入れておくよりは、ずっといいでしょう)
中途解約可能なので、売却したいときは解約すればいいのですが、この場合、寄託料を受け取る
ことはできません。
  
 
Google
 
 
  
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.