売買を機動的に行うなら、ネットバンクの開設は必須条件。取引先の口座に即、反映されることもあるほど。自宅で入出金の確認可能
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

ネットバンク開設のすすめ 入出金を手早く、自宅にいながら行えます

お持ちでないなら、ぜひ開設していただきたいのがネットバンクです。
取引先に対して、自宅から振込み可能です。
(他の銀行もネット上からの振込みに対応してきました)
 
取引先のなかには、これらネットバンクと提携して、入出金をほぼリアルタイムで可能にしている
ところがあるほどです。地金取引だけでなく、株投資・先物投資を行う場合でも開設しておくと何
かと便利でしょう。
 
預金口座の残高に変更があればメールで知らせてくれるので、知らない間に底をついていた、と
いうことがありえません。入出金・振込み・ATMを通じた入出金などもメールで知らせてくれます。
利率も他の銀行と比べて高く、クレジットカードを組み込むことができます。
特にセキュリティ機能を充実させたジャパンネット銀行への開設をおすすめします。
 
 
ジャパンネット銀行
 
ここでは、特にジャパンネット銀行が採用している認証方法について開設しておきます。
 
ジャパンネット銀行は、セキュリティ対策として、ワンタイムパスワードを採用しています。
ワンタイムパスワードとは、その名の通り、1回しか使えない「使い捨てパスワード」のことです。
一定時間後には、パスワードが変更されてしまうため、セキュリティレベルも相当強固になって
います。
ワンタイムパスワード発行機能をもつキーホルダー型端末
 
ジャパンネット銀行は1分ごとにパスワードが変更されるため、たとえそのパスワードが発覚した
としても、その1分間しか有効でありません。次の1分では、もう役に立たないのです。
キーホルダー型の端末に表示されているのがパスワードになります。
 
パソコンや携帯電話とは一切通信を行っていないので、スパイウェアに感染してもパスワードを
監視されることはありません。また端末のパスワードも電波を飛ばして表示させているわけでは
ないので傍受されるようなこともありません。
 
 
イーバンク銀行
 
もうひとつ代表的なのがイーバンクです。
オークション取引ではよく使われています。イーバンク間の取引の場合、振込み手数料が無料
になっているため、どれだけ取引しようとも余分な料金を取られることがないので、口座残高が
減りにくく、重宝している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
 
Google
 
 
  
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.