商品先物取引で金を売買します。先物取引には金・銀・白金(プラチナ)以外にも銘柄は豊富。差金決済なので小額資金で取引可能
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

金先物取引 少ない証拠金で値上がり・値下がりの差額を狙う

金先物取引とは、商品先物取引会社(現在では証券会社も参入)に口座を開き、証拠金を支払う
ことで取引を行う先物取引のひとつです。
 
商品先物の取引単位は1枚、2枚といった「枚(まい)」を使います。株式が1株、1000株という
のと同じです。取扱商品には金以外にも、プラチナや銀、ガソリン・灯油・とうもろこし・小豆・大豆・
コーヒーといった銘柄が豊富にあります。
 
収めるべき証拠金は、そのときの先物金価格によって異なります。
金1グラムの金額が1300〜1400のころは、1枚あたり6万円でした。
 
金先物の倍率は1000倍となっています。つまり、1円の上下が±1000円となります。
これは現物の地金を1キロ持っていたいたときの変動と同じですから、倍率が高すぎるということは
ないと思います。
 
金先物の利点を次に述べます。
 
1.少ない証拠金で取引できること
2.価格が下落したときにも利益になること
3.いつでも売買できること
 
たとえば、金1グラムが2200円のとき、現物を1キロ買おうとすると、少なくとも220万円を必要
とします。
ところが、金先物であれば、9万円あれば取引できます。
(先物取引を手掛ける場合、50〜100万円を用意して、そのうちの9万円だけを取引に使うような
余裕資金をふんだんに用意した取引をすすめます。資金効率より安全性を重視してください)
 
現物取引では価格下落への対抗策がないのに比べて、先物取引では、「売り」ができますから、
高いときに売っておいて安くなったら買い戻せば、利益になります。
 
先物取引は差金決済です。株式のように丸代金を必要としません。
取引を終了したとき(手仕舞ったとき)、損益の差額をやりとりします。
1万5000円の利益なら、手数料を引いた金額が口座に追加され、5000円の損失なら手数料を
加えた分が引かれます。
 
商社などでは現物で買って先物で売る方法が採られてきました。
(投機ではなく、保険としての本来の先物市場の利用方法です)
 
いつでも売買できることを利点に挙げている理由は、現物の地金だと、店頭に行かずに売りたい
ときに、果たして売れるのかどうか微妙な点があるからです。暴落しそうな情報を手にしたとき
先物なら前日に注文を出しておけばいいのですが、現物だとそうはいきません。
 
取扱業者と離れた地域に住んでいる方なら、当日、現地へ行けるのか予定の立たないこともある
でしょう。電話がつながらないこともありますし、身元確認に時間を費やすこともあります。
(現物金は長期保有が王道といわれています)
 
Google
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.