先物の金相場を眺めていると、先限ほど高くなっている。この理由は長期間、現物を倉庫に保管するために保管料が掛かるから。
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

金先物への応用 期先が高いのはなぜか?

常識的に考えると(常識どおりにならないのが相場ですが)、期先ほど価格が高くなります。
これは倉庫を借りるための賃借料が必要だからです。
より長期にわたって借りるほど、また公定歩合をはじめとする利子率が高くなるほど、限月間の
価格差が大きくなります。
 
ゼロ金利政策が長く続いていたこともあって、金先物の限月間の価格差は、なきに等しいもの
でした。金相場は95年に底を打ち、次第に高くなってきています。
相場が高くなると、価格差も開いてきます。
 
先限へいくほど価格は高くなっている
 
ところが、突発的な出来事など日常茶飯事で、人気による価格変動もあって、こういった前提条件
など、お構いなしに動きます。
(これはプラチナや銀の動きを追ってみれば分かることです) 
 
伝統的に商社は現物の金を買って、先物で売ることを繰り返していました。
なぜ、このようなことをするのでしょうか?
 
現物を買って、先物で売る
 
先限へ行くほど価格が高くなっている相場では、使える手法なので、解説します。
まず現物で金を買って、先物で売ります。
先限は、納会日をへるごとに次第に期近へまわりますので、値段がそのときの期先に比べて
安くなっているはずです。つまり、基本的に売っていればよいことになります。
 
仮に売っている先物が値上がりした場合は、現物価格も上がっているので、損失が相殺されます。
現物には保有期限がないので、いつまでも持ち続けられます。先物を売ることで利益を稼げれば、
現物を買うコストをその分少なくできたということになります。
  
 
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.