地金の店頭価格の決まり方とは? 地金商と先物業者の店頭価格の違いは、マージン(手数料)にある。マージンが異なるわけは?
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

地金の店頭価格の考え方 その1 地金を売買では、取引先のマージンに注目する

商品先物業者のなかには店頭で地金の販売・買取を行っているところが散見されます。
なかには、販売してはいるが、買取はしていないとか、特定の支店のみ販売しているといった
制限のある取引先もあるので、注意してください。
 
 
商品先物業者が店頭で地金を販売する場合、何を基準にしているのかというと、東京工業品
取引所の金の取引価格です。金先物の当限(とうぎり)価格が参考にされます。
この東京工業品取引所(TOCOM)の金価格に、販売業者のマージンを上乗せして販売されます。
よって、このマージンが小さいほど地金を安く買えることになります。
 
(例)金地金の店頭価格比較
金地金の店頭価格の比較
 
販売価格は東京工業品取引所の金先物価格(当限)に上乗せされ、買取価格はマージンの分
だけ、引かれた価格になります。
先物業者では、「金先物価格に±15円で売買します」というように公示しているところがあるので
実際の売買の目安になります。
 
 
税込み価格を算出して比べても、地金商で売買するのは、得策といえないことが分かります。
(地金商で売買するメリットについては後述します)
 
 
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.