地金の店頭価格の違いは、販売価格と買取価格にどれだけの差をつけているかに注目。価格差が小さいほど顧客にとって有利になる
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

地金の店頭価格の考え方 その2 地金売買では、売買価格差に注目する

地金をできるだけ安く購入し、高く売るには注目すべき項目がもうひとつあります。
それが店頭販売価格と買取価格の差です。
 
この価格差が小さければ小さいほど、少ないマージンを設定していることになり、一般顧客は売買
を有利にすすめられることになります。
 
 
(例)金地金の店頭価格の比較 売買価格差
金地金の店頭価格の比較 売買価格差
  
田中貴金属の金地金 販売価格の計算式は、
 
シドニー金市場の価格×為替レート÷31.1035×消費税(1.05)+マージン
 
であり、
 
買取価格の計算式は、
 
(税抜き販売価格−60)×消費税(1.05)
 
となっています(この60という価格差は、状況によって変化するそうです)。
 
先物取引業者では、東京工業品取引所±○円という扱いになっているのに対して、販売価格に
マージンの多くを乗せていることになります。つまり、店頭価格は東京工業品取引所に対して、
対称的なマージンの設定になっていないわけです(というより、東京工業品取引所価格を参考に
していないといったほうが適切ですね)。
 
このことから、先物会社と地金商では、地金の売却時よりも購入時で大きな差がでることになる
といえそうです。
(地金商で売買するメリットについては後述します)
 
 
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.