口座数が拡大している純金積立。毎月一定額を購入することで、価格の安いときに多く、高いときに少なく購入する(ドルコスト平均法)。
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

純金積立 一定額ずつ金を買って積み立てる

一度にまとまった金を購入してしまうと、値下がりしたときの資産価値が大きく目減りします。
もっとも安いときに、たくさん買えれば理想的ですが、なかなかうまくいくものではありません。
純金積立は、そういったもっとも安いときを狙うような買い方ではなく、一定額の中で、買えるだけ
買ってこうとする商品です。
重量で換算すると、金価格の安いときにはたくさん購入し、高いときには少なく買い付ける
ので結果として、購入価格が平準化されます。
また、100万・200万といった金額を用意できない方にとって、月々わずかずつ金を買っていこう
というサービスでもあります。
 
田中貴金属をはじめとする地金商はもちろん、商品先物会社、信販会社、銀行などで取り扱われ
ています。銀行を訪れたときに、パンフレットやチラシに「純金積立」の文字を目にされた方も多い
はず。
 
純金積立は日々の価格変動を受けにくいサービスで、市場が急拡大しています。
振込先の銀行口座を指定して、純金積立口座へ月々振り込まれることになります。
 
解約時には必ずしも「純金」を受け取る必要はありません。
次の3通りの資産のなかから選択して受け取ることができます。
  
1.地金
2.現金
3.宝飾品
4.(商品券?)
 
最後の「宝飾品」という選択肢は、ジュエリーなどの宝飾品を扱っている地金商でないと難しく、
地金商以外で純金積立を利用すると、地金か現金かの二者択一になることが多いようです。
 
 
Google
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.