限月制相場の先物取引では、チャートを書き続けることができない。価格変動の分析ができないので、便宜的に「ツナギ足」を対応する
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

つなぎ足の書き方と錯覚  

株式のチャートなら、その銘柄の企業が倒産するまで、延々と終値を結んでいけばいいわけです
が、先物だとそうはいきません。「納会日」があるために、チャートを書こうにも、途中で途切れて
しまいます。
 
金先物だと2ヶ月おきに限月が立っているので、2ヶ月ごとに納会日を迎えることになり、チャート
が途切れることになります。
 
限月制相場では、納会日を迎えるごとにチャートが途切れてしまう
 
チャートが途中で途切れていては、継続的に価格を見ていけないので、なんとかこの問題を解決
しないといけません。
一般的に使われているのが、「ツナギ足」を作成する方法です。
 
現物の金価格にもっとも近い当限だけを継続して結んでいきます。
納会日を迎えてその当限がなくなれば、新しく当限となった限月の価格に、そのままチャートを
つないでいきます。これで少なくとも途中で途切れることはなくなりました。
 
先物金の当限ツナギ足
 
さて、ここで気をつけねばならないことがあります。期先へ向かうにつれて価格が上がっている
ようであれば、限月をつないだときに、異限月間の差額がチャート上に表れてしまうのです。
 
同一限月の日々の価格変動とは、異なる理由による価格変動です。
つなぎ足を作成することで、チャート上では納会日とその翌日だけ、変動要因が変わるわけです。
  
チャートが途切れないために便宜上の処置として、つなぎ足を作るわけですが、この部分の値動き
は実際の限月の動きではないので、錯覚しやすいところです。
一般に先物取引のチャートは、ツナギ足を表示しているので、限月の変わる前後で実際の動きを
反映しなくなります。見かけ上の動きにとらわれないようにしてください。
 
 
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.