地金を買うときは消費税を支払う。しかし、売るときは消費税をもらえる。なぜだろうか? 消費税に着目した売買手法を掲載します
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

消費税が利益になるのはどうして?  

地金を買うときは消費税を支払わなければなりません。
この点は他の商品を買うときと同じですが、地金を売るときは消費税が返ってきます。
なぜ、消費税が返ってくるかというと、地金を「消費」することはできないからです。
(また現行法では、個人レベルにおいて消費税の納付方法がありません
 
  地金を買うと万単位の消費税が掛かってくる
 
この戻ってくる消費税とは、地金を買うときに支払った消費税ではなく、売り値に消費税の税率を
掛けた金額が戻ってくることになります。
すると消費税の値上がり前に地金を購入しておけば、値上がり後に売ることで消費税の
増加分だけ得をすることになります。
 
また、金価格がたとえ購入時よりも下落していたとしても、消費税の値上がり分で損失をカバー
できることになります。税金の値上げがいい方向に働くので珍しい現象だといえるでしょう。
次に図示して解説します(1キロの売買を仮定しています)。
 
 
−現物金価格は500円上昇・消費税は変わらずの場合−
 
 
−現物金価格は500円上昇・消費税5パーセント増加の場合−
 
消費税の値上がり分だけ利益になっているのが分かります。金額にして、15万円。
この金額は、時価に消費税を掛け合わせて計算されます。
(もちろん、1グラム2500円のときに購入するなら、25万円分の消費税も支払わねばなりません)
 
 
−現物金価格は下落・消費税5パーセント増加の場合−
 
購入したときより、100円値下がりしています。
本来なら、10万円の損失がでるはずですが、消費税の値上がりによって払い戻される金額が
増えています。そのため、1万円の損失で済みました。
 
 売却時に消費税が戻ってくるなら、消費税の値上げ分が利益となる
 
消費税は将来、値上げされるといわれています。
また5パーセントでは済まず、10パーセント、15パーセント……と段階的に増加していくかも
しれません。地金を買うときは、日々の価格増減に振り回されずに、たとえ値下がりしても、こう
した税金面の効果を考えて長期にわたって保有することが得策だと考えられます。
(あわせて、当サイトの税金対策のページをお読みください)
  
Google
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.