税金を考えた上で地金を売買するなら、所得税対策で、5年以上の保有。非課税額を最大限に利用し、家族間で分散保有します。
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

税金を考えた地金の売買方法 税金の少なくなる買い方・売り方をまとめます

所得税・消費税・相続税・贈与税など、地金に関わる税金をいろいろと見てきました。
ここで、税金を安くするという視点から、地金の買い方についてまとめてみましょう。
  
まず、地金を買うときは、商品先物を利用することです。
これで買値が安くなります。
  
売るタイミングは、できれば買ってから5年以降。これは5年以上に渡って保有すると、利益の
半額しか申告しなくて済むからです。これは所得税対策です。
さらに消費税が増加するようであれば、増税後に売却すること。
消費税の増加分が利益になります。
 
また50万円までは非課税扱いになるので、ひとりで大量に買いこまずに、家族間で分散して
買うことです。200万円の利益も、ひとりで買いこんでしまうと、50万円を控除できたとして、
残りの150万円に対して税が掛かってきます。ところが、4人で分散すれば取られる心配は
ありません。
(地金を購入するときに「伝票」もらうはずですが、名前が必要なら自分ひとりだけ、というのでは
なく、家族で分散するようにします。無記名制ですので、地金を所有していたからといって、土地
のように登記しなければならないということはありません)
 
※子供の名前を使うと贈与になります。限度額まで(年間110万)ならいいでしょう。また委任状
  を求められるかもしれないので、自分以外の分を購入する場合は、一筆書いてもらいましょう。
 
相続税・贈与税対策なら、「純金積立」を利用して、生前贈与を行い、年々、資産を移動させて
いきます。
 
 
−地金の売買方法−
1.商品先物の口座を開く 2.資金を預けて取引可能にする 3.先物市場で金を買う 4.「現受け」して先物業者から地金を受け取る
  
    保有するときは消費寄託契約商品を利用して、預けてしまう。利息に該当する寄託料を得られる
 
    売るときは5年以上たってから。これは所得税対策。消費税の増税タイミングも検討する
 
「純金積立」を利用すれば、相続税・贈与税対策になる
 
 
Google
 
 
 
 
 
 
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.