金投資に関わる所得税。金関連商品は譲渡所得。譲渡所得には50万円までの特別控除額がある。さらに5年以上の保有すると……
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

所得税 地金の売買にはどのような所得税がかかってくるだろうか?

金投資に関わる税金は、他の金融商品より、かなり優遇されています。
金地金や金関連商品で得た利益は、「譲渡所得」となり、他の所得との合算したうえで総合課税
となります。譲渡所得には50万円の特別控除額があるので、事実上、非課税となります。
  
また5年以上保有した地金を売却した場合、利益の総額から特別控除額の50万円を引いた上で
さらに半分だけを申告すればよいことになっています(長期譲渡所得)。
 
50万円の特別控除額、5年以上の保有で特別控除額を除いた半分を申告すればよい
 
例えば、1000万円分の地金を購入して、5年後2000万円で売れたとしましょう。
大雑把にいって、利益は1000万。ここから控除額の50万円を引いて、その半分を申告すれば
よいので、475万円の申告で済むというわけです。
(地金は長期保有で、というのが再確認されましたね)
 
商品先物の収益は雑所得扱いで、20パーセントの税金が掛かってきます。
純金積立の利益については、譲渡所得扱いになっているものの、積立期間中に積み立てた金の
一部を売却したなら、そこで得た利益は雑所得となります。
  
金貯蓄口座は、利子に対して一律20パーセントの源泉分離課税が掛かってきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
参考サイト:国税庁税務相談室(所得税)
  
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.