売却時に消費税がもらえるからといって、やみくもに買ってはならない。鑑定料やスモールバー・チャージの掛からない買い方をすること
地金取引入門 金・プラチナ・銀など、地金取引のお得な買い方・売り方とは?
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |

消費税 地金の売買にはどのような消費税がかかってくるだろうか?

まず、地金を売買する限り、消費税はそれほど気にする必要はありません。
購入するときに消費税を払わねばなりませんが、売却すると消費税が戻ってくるからです。
地金を「消費」することはできないから、だそうです。
 
消費税は売却時に戻ってくる。増税分が利益となる投資手法がある
 
この点から、消費税増額を見越した投資手法というのがでてきます。
金価格の値上がりではなく、消費税の値上がりで利益をだしてしまうというものです。
(この手の話は、地金商の店頭で教えてもらえます)
 
500グラム未満の地金取引には、スモールバー・チャージが掛かりますし、購入した取引先と
別のところで売却すると、鑑定料が必要かもしれません。
これらは出費にしかならないので、買い方を工夫しましょう。
 
  500グラム未満の地金を買って別料金を支払ったり、鑑定料の必要な買い方をしないこと。販売しても買取をしない業者もあるので要注意
 
地金バーを買うなら500グラム未満のものは買わない。500グラム以上の地金バーにする。
あるいは、地金型金貨にする。鑑定料金を取られないために、購入した業者で売却する。
自分が購入するべき対象をあらかじめ決めておけば、余計な料金をとられる心配もありません。
(銀の地金は重量がかさむので、購入するなら、よくよく検討したほうがいいです)
 
 
 
参考サイト:国税庁税務相談室(消費税)
 
 
Google
 
 
 
地金取引入門 | 投資家支援ツール | 相場データ | サイトマップ | 取引先リンク | 先物リンク | リンク |
Copyright (C) 地金取引入門, All Rights Reserved.